気まぐれUO日記:Publish107 RC1/匠のフェスティバル2019のツリー育成テスト in TC1

エイです。

ちょっと予期していないタイミングで、Publish107(リリース1)がTC1でリリースされたので、必要な部分の検証を行ってきました。

今回は「匠のフェスティバル」関連です。今年がラスト!

■過去の参照記事一覧

きまぐれUO日記:匠のフェスティバル2018の記録(延長データ追加)
きまぐれUO日記:匠のフェスティバル2018のツリー育成テスト in TC1
きまぐれUO日記:匠のフェスティバル2017の記録 in 出雲
きまぐれUO日記:匠のフェスティバルの記録 in 出雲

■育成に必要なポイント数

ざっくりと検証してみました。段階ごとのポイントの持ち越しは無い様子です。

  1. 0~1段階:1,000貯金ポイント(変更なし)
  2. 1~2段階:2,500貯金ポイント(昨年比-500ポイント)
  3. 2~3段階:3,750貯金ポイント(昨年比-250ポイント)
  4. 3~4段階:4,750貯金ポイント(変更なし)
  5. 4~5段階:12,750貯金ポイント(変更なし)

    合計:24,750貯金ポイント(昨年比-750貯金ポイント)

2018年度比ですが、少しだけ易しくなっています。
4段階目までで折り返し、その後完成までが残り半分、という図式に変更はありません。

なお、今回から、各育成段階中に、「どのぐらいで次の段階になるか」のメッセージが出るようになりました。
やっと、入れている最中に「どこまで進んだかな?」と気を揉む必要がなくなりました。

以下のような感じです。(直前のメッセージが3/4完成、入れたときのメッセージがあと少しの表記)

(ただし、このメッセージは「入れた人」にしか見えません)

  • 25%未満→25%以上→50%以上→75%以上→90%以上

の5段階でメッセージが変化します。
(段階的には、Publish106のソウルバインダーの瓶の、ソウルの溜まった量の表示とほぼ同じ)

※記事執筆時点(2019/10/23)では、まだローカライズが中途半端なため、メッセージが一部英語です。

■育成の遷移(画像)

0段階目(更地)から、5段階目:完成(大きな木/電飾付き)までを画像にしてみました。

5段階目(完成)まで来ると、バルクを奉納したキャラクター「全て」にリワードが出る仕組みです。
(それ未満では、貢献度に応じて、リワードが出るかどうかが決定される

取り急ぎ検証結果の報告まで。

UO:Publish106″Forsaken Foes” 軽く解説とバグへの注意喚起

Publish106が、2019/09/17付でワールドワイドリリースとなりましたので、軽く解説と、現在までに判明している問題点などを記載しておきます。

参考:UO公式サイトのリリースノート(英語)

Publish 106 – Forsaken Foes

■Forsaken Foesでの主な目的(フェローシップシルバー関連)

  1. 「空のソウルバインダー」を作成し、バックパック第一階層に所持しておく
  2. 海系の敵/ボスから、ソウルを回収する(回収したソウルはソウルバインダーにチャージされる)
  3. ソウルが溜まったソウルバインダーを、フェローシップ教団に提出し、「フェローシップシルバー」と言うポイントに交換してもらう
  4. 交換したフェローシップシルバーでリワードをもらう

■空のソウルバインダーの作り方

作成は「ガラス細工」で行います。そのため、錬金スキルが100.0必須になっています。
作成道具の「ガラス吹きパイプ」ロイヤルシティのアルケミストが販売しています。

空のソウルバインダーの材料は

  • 砂:20個
  • エセリアル砂:5個

で、成功率は10%となっています。
失敗時は上記2つの材料をある程度失ってしまうため、

  1. 「ガラス細工作成ボーナス」付きタリスマンを用いて成功率を上げる
  2. 何らかの生産マスタータリスマン(カテゴリは何でも良い)で、失敗時の素材ロスをなかったことにする(タリスマンのリチャージは「ルーンの小枝」で行う)

のいずれかの方法を取ることになります。
前者は「通常の砂の量に余裕がある」「作成にあまり時間をかけられない」場合、後者は「通常の砂の量に余裕がない」「作成に時間はかけられる」という使い分けになるかと思います。

通常の砂は、採掘GMのキャラクターが「良い砂の見分け方」(ロイヤルシティのNPCアルケミストが販売)という本を読んだ上で、「砂地」をシャベルやつるはしで掘ると出てきます。(一回の採掘につき1個、フェルッカなら2個出てくる)
また、海賊船の積荷に、稀にそこそこの数が入っていることがあります。

エセリアル砂は入手方法は2通りあり、

  1. ミノックに追加されたNPCから購入する(単価112gp/1アカウントあたり、500個単位で5000個まで購入可能/EJは購入不可(商品引換券の形で出てくるため)/在庫はコーガルが討伐されるたびにリセットされる)
  2. コーガルを討伐した時に、大量(約90000~95000個程度)にばらまかれるものを回収する

のいずれかになります。

■ソウルの貯め方

空のソウルバインダーをバックパックの第一階層に置いた上で、「ソウルバインド」属性の付与された敵(色がオレンジ色になっている/名前の下に「Soul binder」と表記)を倒すことで、ソウルバインダーにソウルがチャージされます。

ソウルバインド属性の付与された敵はおおむね以下の通りです。

  • コーガル/スカリス/カリュブディスなどのHSボス
  • コーガルの手下/カリュブディスの足などのHSボス取り巻き
  • 海賊船の船長/船員(商船含む)/灯台船の船員/灯台船の周囲に発生する海洋生物(灯台船は除く)
  • トレハンの箱から「最初に一回だけ出てくるガーディアン」のうち、「テイム不可能な生物」

です。

溜まったソウルの目安は以下のとおりです。

  • Measure個のソウル:空ではない~1%未満
  • Grand個のソウル:1%~25%未満(青色)
  • Exalted個のソウル:25%~50%未満(緑色)
  • Legendary個のソウル:50%~90%未満(オレンジ色)
  • Mythical個のソウル:90%~100%(紫色)

おおむね、一番ソウルを所持しているHSボス(及び海賊船船長)で、一匹あたり7214ポイント(1瓶の最大は10000ポイント、72%前後)チャージされます。
雑魚の場合、確認できたチャージ量は以下のような感じです。

  • トレハンガーディアンのタイタン:1ポイント
  • トレハンガーディアンの黒閣下:137~139ポイント
  • コーガルの手下:10~50ポイント前後?
  • カリュブディスの足:20ポイント前後
  • 灯台船周囲の海洋生物:1~10ポイント前後?

なお、状況はまだ未確定なものの、これが複数回分一気に貯まる(最大で6本分フルチャージ(合計60000ポイント)まで一気に溜まった)こともありますし、何故か少しも貯まらないこともあります。
主に「非パーティメンバーが支援/攻撃などを行っている」場合に発生するような感じ”ですが、確定状況が判明していません。
ソウルの合計数は明らかに増えることだけは確定しています。

このため、ソウルを貯めることを目的とした場合、「空のソウルバインダーを複数本(できれば6本以上)携帯しておく」ことが必要になります。
瓶がすでに満杯、もしくは所持していなかった場合、貯まるはずのソウルは消滅してしまうので、それを避けるためです。

■ソウルとフェローシップシルバーとの交換

溜まったソウル(「~個のソウル」表記になっているソウルバインダー)は、フェローシップの家にある「エセリアルソウルクレンザー」という水色の箱にドロップすることで、「フェローシップシルバー」と交換することができます。

交換レートは「溜まったソウルの量(100%を10000とする)=フェローシップシルバーの量」です。
貯まりきったMythicalの瓶を収めると、10000フェローシップシルバーになります。

なお、貯めておける上限は300000フェローシップシルバーまでで、この値を超えるように瓶を収めることはできません。

■フェローシップシルバーとリワードの交換

リワードは、フェローシップの家近くにいるNPCから、フェローシップシルバーと交換する形で入手します。

なお、2019/09/21時点では、まだ全ての実装予定のリワードがリストにあるわけではありません。
(月ごとに追加するタイプだと思われます)

かぼちゃの手漕船がほしい人などは、おそらく10月の実装(ハロウィン時期)になると思われるので、それまでにフェローシップシルバーを貯めておきましょう。

■HSボス討伐にまつわる注意点(2019/09/21現在、未修正のバグ)

記事執筆現在、HSボス(コーガル/スカリス/カリュブディス)について、大人数で倒した場合、「死体が残らない」バグが発生しています。
最初に確認されたのは、先行リリース時の出雲シャードで、以下のような状態でした。

  1. 2019/09/10:カリュブディスを30人規模で討伐、死体が消えた。(本来釣り上げた人に入るはずのAF入手のメッセージも出ず)
  2. 2019/09/11:スカリスを30人規模で討伐、3体討伐するも、全て死体が消えた。
  3. 2019/09/16:スカリスを20人ちょうどで討伐、死体が消えた。直後、10名前後の2班に分けて討伐した4体(2体x2班)は死体が残った。
  4. 日付を失念してしまったが、スカリスを14人で討伐した時には、死体が残った。
  5. 2019/09/19:ワールドワイド適用後、北斗にてコーガルを10名で討伐した時には、死体が残った。

なお、いずれの場合もソウルだけは通常と同じように貯まるのを確認しています。

本件に関しては、09/10、09/11の時に2度バグレポートは運営側に送付済みですが、ワールドワイド時点では修正案内が出ていません。

棺桶がないのはもちろんのこと、本来ボスが所有しているAFドロップの判定も消失するため、かなり深刻なバグになっています。

対策としては、修正されるまでの間は「15名程度以下で討伐を行う」ことを強く推奨します。