機械のBuddy:マウス乗り換え(静音マウス)レビュー

エイです。

暫く前にマウスを新調したのですが、一ヶ月ほど使用した段階でのレビュー?(と呼べるかどうかは疑わしいけど)を参考として纏めてみました。

現在、マウスを選ぶにあたり、大雑把に分類すると
比較的小型の、持ち運びに便利な無線式(タッチ式マウスも含む):比較的安価
比較的大型の、ゲーム向け多/高機能な有線式:比較的高価

の2種類に分けることができると思います。
これが曲者でして、
・耐久性を要し、かつ手にフィットする大型、機能は最低限のマウス
と言う条件を出したときに、選択肢がそもそも無いと言う…

キーボードにはこの分野の選択肢として、東プレや富士通コンポーネント、PFUなどが生産しているものが該当します。
(どれも非ゲーマー向けで機能は最低限、かつ高耐久、キータッチはタイピングに最適化されている。比較的高価ですが…)

閑話休題。

今回選定したのは以下のマウス。
「iBUFFALO BSMBU18 白」
有線(USB)接続 購入時価格 \1,800程度(標準的な価格設定)

MouseReview_IMG_20140818_142434.jpg

「クリック音が静か、かつ比較的大型」、と言うことで、店頭で何度か確認した上で購入しました。
まぁ、購入先は通信販売なのですが、店頭でないと使用感が確認できないので…
但し店頭価格は高いことが多いので、場所によるかとは思います。

細かいレビューは折り返し。

続きを読む →