グラフィックボードをGTX750Tiに乗り換え&簡単な性能評価

(2014年9月28日、計算値周りのデータおよび解釈を修正+ちょっとした誤字脱字も修正)

またしても朝早くから記事を書いています。
相変わらず早朝覚醒が治らず、すっかり定着の感があるダイです。
昼寝+早寝でなんとか毎日しのいでおります;

そんな中、随分前からどうしようかと悩んでいた自分のメインPCのGPUを交換することになりましたので、
その顛末と新しいGPUの軽い評価などを記録しておこうと思います。

ちなみに購入したのはELSAの GD750-2GERT S.O.C (GTX750Ti 2GBモデル、静音ファン仕様) です。
購入するに当たり、以下のような条件を付与して各種GPUを調査してみました。

 ・補助ピンが必要ないこと(=TDP75W死守)
 ・ファンレス、もしくは静音ファンであること
 ・現行のRadeon HD 7750よりスペックが向上していること
 ・予算は最大でも2万
 ・できればDisplayPortがあると便利
 ・メモリは2GB積んでいて欲しい

で、実際に検討段階に入ったのが、Palit製品、ELSA製品、EVGA製品の各種GTX 750Tiに的を絞ることができました。

それぞれの特徴として、Palitのはとにかく安価、スペックは同製品群の中では速い方、但しファンがかなりやかましい&DisplayPortなし。
ELSAは価格は高い部類に入るが、ファンがとにかく静音、スペックは普通よりちょっといいぐらいでやはりDisplayPortなし。
EVGAは価格が最も高いが、静音性はそこそこでスペックはほぼ完璧。この選択肢の中では唯一DisplayPortを搭載しているのが最大の利点。

これらを総合して、一体どれがいいものやら・・・と丸一日考えた結果、静音性を売りにしているELSAのGPUを購入することにしました。
蛇足ではあるものの、Amazonがほぼ最安値だったことに加えて、チケットが500円分残っていたのも選択の後押しになってくれました(ぉ

購入金額はチケットなしで18,160円(2014年6月29日付け)。やや高い部類に入りますが、ファンが十分静音だという前評判も出ていることだったので、何とか購入に踏み切ることができました。

で、久しぶりのパーツ購入でわくわくしながら待っていると、購入したグラボは3日後無事自宅に到着。
速攻で開封して先代のGPUと比較したり、載せ換えてベンチマークを試みたりしてみました。

ちょっと長くなりそうなので、ここから先は折り返し~

続きを読む →