海外からやってきた:E型マシンのGPUをGTX960に換装

海外から:E型PCのグラボをGTX960に換装

※2015/09/10 試作D型:ちょっとした誤字修正、及び少しだけ補足追加。

Author:試作E型

エイです。

暫く前(ちょうどCPUをXeonに換装した後ぐらい)から、特定のアプリケーションで、「画面がブラックアウトした後、フリーズする」と言う現象が確認されるようになりました。

特定の、とは言っても、おおよそ「GPUを強力に使用するアプリケーション」と言ったくくりはできていました。
特に発生しやすかったのは
・Firefall+バックグラウンドでYouTubeのウィンドウを開いている
時です。
Firefallだけだと殆ど発生はしないのですが…それでも不意にブラックアウト→フリーズと言う流れにはなるので、長丁場のミッションなどを行っているときにはかなり気を遣います。
(特にパーティでプレイしている時は、固まると非常にまずい)

元々はCPU側の電圧設定の問題(かなり落しているので)かなぁと思ったのですが、デフォルトに戻しても発生頻度は変わらず。
念の為、グラフィックドライバの更新をかけてみたけど改善はせず。
負荷がかかった時に固まる、と言う点から、補助電源ピンの接触などを調査してみたけど、特に問題は見当らず。
ついでにボードの接触不良の線が無いかとは思って調べてみても、特に不信な点は無し。

一応、PCIExpressバスへの供給電圧を上げた上で、GPUのクロックを下げると、「若干」ではあるけど発生頻度が下った「感じ」だったので、これで騙し騙し使っていたのですが…

さすがにこのままでは不便と判断し、ボードの追加購入に踏み切りました。

選定基準は以前のD型の記事に詳しく。
WishList的な2015年グラフィックカード、ディスプレイなどの選定調査ログ:

https://inamura-g-labo.sakura.ne.jp/blog_de/424556991-html/

Radeon Fury Nanoは価格発表時点($649)で候補から除外になったので、事実上GTX960と750Tiのどちらかと言う状態でした。
GTX950は、「960と同じ値段or高く、スペック3/4、そして補助ピンあり」と言う、非常にちぐはぐな代物なのでパス。

海外の方まで調査していたのですが、Amazon.com“PNY GeForce GTX 960 XLR8 4GB”が非常に安くなっていたので、購入を決意。
2015/08/24時点で$187.79-と言う相当な破格です。
海外だと、ここのところ為替レートが安定しない関係で、Amazon.comレートで1ドル125~129円ぐらいをうろうろしていたのですが、ちょうど円高気味になっていたこともあり、日本円で\27,700ぐらい(送料/税などすべて込み。$227ちょっと)でした。これはGTX960の4GBモデルとしては、国内と比較しても最安値からさらに1割弱の安値です。
また、PNYのGTX960は補助ピンがリファレンス通り、6ピンx1であるのもプラス要素です。ピンが多いと余計にふかす傾向にあるので…

GTX960Setting_SS03.jpg

運送ルートがi-parcel経由だったので、荷物が心配ではありましたが、無事到着。
(国内税関を通過した後、英文メールを投げて、国内の追跡番号を教えてもらわないといけない等、ちょっと手間がかかる)
8営業日ほどで到着したので、ほぼ最速です。

GTX960Setting_SS04.jpg
中身の確認。
事前にスペックは調べていますが、実物を見てみると、かなり長く感じます。
我が家にあるボードが全体的に短かいのはありますが…

海外から:E型PCのグラボをGTX960に換装
換装元と比較。
ASUSのボードも思ったより長いのですが、それ以上にヒートパイプがつき出している関係で、かなり四角く見えます。
今回のボードは高さ方向がすっきりしているのもあって、非常に横長な感じです。

以下、動作確認などは折り返しにて。

続きを読む →