お絵描き向けLinux環境の構築テスト中

Linuxでのお絵描き環境について

Author:試作E型

エイです。

現在、タイトルの通り、
「何とかLinuxでお絵描き環境を構築できないか?」
と言う実験をしている最中です。
絵描きと平行、かつ環境構築をやりなおす機会が非常に多いため、なかなか選定が進みませんが…

現在、Windows7Pro+Photoshop(古め)と言う環境でお絵描きをしているわけですが、
・将来的な話として、Windowsをこれ以上使い続けたくない(スタンドアロンOSとしての道が無さそう)
・クラウド製品には手を出したくない
・ついでにAdobe製品からも離れたい

という、ややへそ曲がりな感じになっていまして。

でもDirectXに依存しているゲームだけはどうにもならないので、もうしばらくWindowsなんだろうなぁ、とか。(なのでOpenGL陣営として、Vulcanに期待しているわけですが)
これは蛇足ですが。

そこで、昨年末あたりから、ちょこちょこっとお絵描き環境変更のアプローチをしています。
乗り換え先となる予定のLinux環境下でも使える、となると、
・GIMP(Photoshopの総合お絵描きツール)
・Krita(Painter基準のお絵描きツール)
・MyPaint(PainterClassic基準のお絵描きツール)

などなど。一応これらはWindows環境下でも動作確認ができます。MyPaintはちょっと厳しいですが;
尤も、これ以外にも検討対象(PintaとかInkSpaceなど)はあるのですが。あくまで現時点で検証ができているものです。
また、Windowsのままで良いなら、商用だと
・SAI
・CripStudioPaint(個人的には使いたくない)
・PaintShop Pro
無償なら
・FireAlpaca
・Pixia
などもあるのですが…Windowsから離れるとなると、選択肢から外れます。
一応、FireAlpacaならばそれなりに作業実績があるのですが。

さて、ソフトの選定はある程度できたのですが…
ここからは実際の環境構築にまつわるお話です。

続きを読む →