AMD A8-3820からXeon E3 1231 v3へ乗り換えレポート:その2【VCore調整省電力化編】

前回の記事:AMD A8-3820からXeon E3 1231 v3へ乗り換えレポート:その1【とりあえず性能チェック編】

Xeon乗り換えレポートの続きになります。ダイです。

Xeon E3 1231 v3が到着して以来、昨日までずっとVCore周りの調整やら他のUEFIの設定やら、PCの作業環境復活やらでてんてこ舞いでした。

そんな中、ようやく安定した動作ラインが確認できたので、その顛末を纏めていきたいと思います。

結論だけ先に書いておくと、自分のマシン構成では VCore Offset -0.065Vで安定した動作を見せています。
OSを起動させて放って置くだけならば-0.110Vまで低下させられたのですか、各種ベンチマークおよびゲーム中にフリーズ→BSODとなってしまうため、かなり調整は難航しました;

あと、四方山話として、最初UEFIからVCoreの調整ができないなぁ・・・おかしいなぁ・・・とBIOSバージョンを最新のものに更新したりしてみたのですが、なんてことはない操作説明を把握していなかっただけで、“+”、”-“キーで設定を上下できることをしばらく悩んだ末に思い出しました(汗
別にBIOSの調整キーとしては一般的なので、しばらく弄くってなかったのが露呈した瞬間でした。

例によってかなり長くなるため、折り返しにて詳細な情報を書いていきます。

続きを読む →