AMD A8-3820からXeon E3 1231 v3へ乗り換えレポート:その1【とりあえず性能チェック編】

Xeon E3 1231 v3を購入&組み立て風景

どうもダイです。
ここ数日体調不良の波と格闘しながらお絵かきやらこの記事のベースデータ収集やらをやっていました。

しかし人間、集中し始めると昼寝とかはぜんぜんしなくなりますねぇ・・・
空腹もあまり感じないため、ご飯の時間が先延ばしになったりして、ダイエットにはいいのかもしれませんが生活リズムとしては宜しくないですねぇ。

さて、ソレはいいとして、9月16日に兼ねてより検討していたMyPCのCPU変更を行うことになりました。

乗り換え先は タイトルにもあるとおり Xeon E3 1231 v3 です。

元々は同じ世代のXeonでも、 1230L v3とか 1240L v3とか 1265L v3等の低消費電力版を狙っていたのですが、金額的な事情と、通常版のものでもVCoreをうまいこと弄ってやれば消費電力は結構落とせることに気がついたので、敢えて通常版のHaswell Refreshのこいつに白羽の矢を立てました。
ちなみにお値段は\28,231(14/09/16時点)。性能上はCore i7と変わらないので、かなり格安という感じがあります。(しかも今は円安が急激に進行しているため、一部通販サイトではPCパーツの価格がドカッと値上がりしています;)
これにマザーボードとして、ASUSのH97M PLUSを\8,770(14/09/16時点)で購入したものを加えて発注しました。
二つあわせて\37,000で済んだのは自分の環境としてはかなり有難い状態です。
(低消費電力版の最大の問題は入手先の少なさと、それゆえの金額の高さ。大体ここから+\5,000ぐらいかかります)

で、注文から24時間程度で両方の品物とも無事到着。

早速開封して中身を確認します。

Xeon E3 1231 v3を購入&組み立て風景

マザーボードとCPU。Intel CPUは先々代のCore2Duo E6300が最後だったので6年ぶりでしょうか。
CPUのアップはタイトルの写真として使わせてもらいました。

Xeon E3 1231 v3を購入&組み立て風景

マザーボードの中身。今回は3年先を見越して、フォームファクタをATXではなく、MicroATXにしてみました。
後にケースと電源を買い換えたときに、PCの体積を小さくさせるのが狙いです。
(個人的にはSLIとか行わないので、ATXボードはもう大きすぎるというのも)

マザーボードはこれかASRockのH97M Pro4と迷ったのですが、どちらもIntel NICであることと、その上でVCoreの調節がこちらのほうが細かく調節できる点を考慮してこいつに落ち着きました。
海外サイトではASRockのマザーでVCoreをずいぶん落としたという情報があがっていたりしたので、そっちのほうがよかったかな・・・?とちょっと悩んでみたり。

で、ものを一通り見た後は、現在のマシンに取り付けてある各パーツを引っぺがして移植する作業を開始します。
今回はケース、電源、メモリ、ストレージなどは全部流用するため、実質マザーボードとCPUの交換のみという形になります。

Xeon E3 1231 v3を購入&組み立て風景

今まで乗っかっていたA8-3820とメモリが残った状態のマザーボード。
直前までこいつのVCoreを調整しながら消費電力を測定していたりしました。
現在は載せ換える先がないので、マザーボードとCPUはそのままお蔵入りさせてしまいます。
今度ケースやメモリが余ったら、サブPCとして組みなおす日が来るかもしれない・・・

Xeon E3 1231 v3を購入&組み立て風景

んで、とりあえずCPU取り付け→メモリ取り付け→CPUクーラー取り付け→マザーボードをケースに取り付け→GPU取り付け→各種配線と行った状態のケース内部写真。作業は1時間半程度で何とかなりました。
CPUクーラーが巨大な関係で、ケースファンの電源コネクタの取り回しが非常にシビアになってしまいました;
(1箇所は手が入るほどの空間がなく、ピンセットを使って差し込まないといけない)

そして、組みあがり状態をチェックするためにとりあえず電源を入れてみることに。

Xeon E3 1231 v3を購入&組み立て風景

無事立ち上がりました。
UEFIを弄くるのは自分自身初めて(見たこと自体はE型のマシンである)なので、どのくらい設定できるのかは後で調べるとして、まずはOSが無事立ち上がってくれることを確認して、そこから各種ベンチマークをかけてみての性能調査、そこからさらに省電力化の各種調整を行っていこうと考えています。

初回の性能測定関係は折り返しにて。

続きを読む →